力の誦句

  わたしは、力だ。
  力の結晶だ。
  何ものにも打ち克つ力の結晶だ。
  だから何ものにも負けないのだ。
  病にも、運命にも、
  否、あらゆるすべてのものに打ち克つ力だ。
  そうだ! 強い、強い、力の結晶だ。

                 中村天風 天風誦句集



腹の立つことがあっても、次の瞬...


腹の立つことがあっても、次の瞬間に心から外してしまえばいい。おまえはだれに頼まれたわけでもないのに、いやなものをどうしていつまでも握っているんだ。



参考書籍(引用元) 『中村天風 「勝ちぐせ」のセオリー』



『中村天風 「勝ちぐせ」のセオリー』 >> 最も参考になったレビューを見る



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

「強運」も「ツキ」もすべてこの法則から生まれる。成功者百万人が実証する「勝者の哲学」。


【内容情報】(「MARC」データベースより)

松下幸之助、双葉山など、日本の名立たる成功者たちがこぞって学んだ、巨人・天風の「勝ちぐせセオリー」を紹介。あなたが今まで気づかなかった「自分の力」のすべてを引き出してくれる本。


【目次】(「BOOK」データベースより)

1章 天風、「成功の絶対ルール」を明かす!
2章 天風、「積極人間」の生き方を示す
3章 天風、死地で「奇跡の力」を体得する
4章 天風哲学の神髄「クンバハカ」法の驚くべき効力
5章 天風、「心の秘力、生かし方」を示す
6章 天風、「夢の実現」法を語る
7章 天風、人生の楽しみ方を語る
8章 天風、慢心を戒める
9章 天風、「成功の実現」を約束する


【著者情報】(「BOOK」データベースより)

中村天風(ナカムラテンプウ)
1876年7月30日、東京府豊島郡王子村で生まれる。本名は三郎。1881年福岡県立修猷館中学を退学。父の友人の紹介で頭山満翁率いる政治結社、玄洋社に預けられる。1902年参謀本部諜報部員となって特殊訓練を受ける。翌1903年、満州に潜入。1905年戦争終結にともない帰国。1906年朝鮮総督府の高等通訳官の任務につく。1909年渡米。さらにロンドンに渡り、その後フランスで会ったオペラ女優の紹介でドイツに行く。1911年エジプトのカイロで、偶然出会ったヨガ哲学の聖者に導かれてヒマラヤ第三の高峰カンチェンジュンガ山麓のゴルケ村に入り、ヨガ哲学の行の指導を受ける。1913年第二辛亥革命に参加。帰国後数年にして、東京実業貯蔵銀行頭取をはじめ、いくつかの会社の役員となる。1919年それまでの一切の社会的地位を放棄し、「統一哲医学会」を創設。毎日、上野公園や芝公園の路傍に立ち、辻説法を始める。1940年「統一哲医学会」を「天風会」と改称。1968年4月、東京文京区の護国寺内に天風会館落成。12月1日、九十二歳、逝去。


【参考資料】

   





このブログの読者になる





『君に成功を贈る』

>> 最も参考になったレビューを見る




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。